簡単に惑わされてはいけません

簡単にするのは勉強次第です。

英語を勉強してくるとどうして自分はこんなにできなくて相手はもっとできるのかと思ってしまうことが出てきます。
それはTOEICでも同じことで、勉強が上手くいかないことはどうしても出てくるのです。
天才と秀才は紙一重とも言われますが、努力をしなければ身につかないことは事実です。
ですがそんな気持ちを逆手に取って簡単に勉強ができる方法などを提供してくる人達もいます。
もしかしたらというチャンスをどうしても信じたくなってしまうのが人間の心理ですからその弱みを突かれてしまうことは多いかもしれません。
またそうした商法に惑わされてしまって後悔をしてしまう人達も見てきました。
努力をしないで楽をして英語ができるようになったり点数アップできたりすることができればどれだけ嬉しい事か考えたこともあります。
ですが、一度現実に戻ってみてください。
そんな人が周りにいましたか?
少なからず何かしら努力をしていたはずです。
自分も迷いに迷って手を出してしまったことがありましたが、すぐに辞めることができました。
もしもあのまま続けていたらと思っていたら後悔をかなり重ねていたのではないかと思います。
失敗は成功のもととも言われますが、もとにもならないことがありどうしようもないことも人生の中ではあるような気がします。
ですので怪しいと思ったら手を出さないで我慢をしてみてください。
また時間は貴重ですので、そのような考えをするのであれば他の時間に当てたほうがよっぽどいいはずです。
厳しいことを言うかもしれませんが、英語の勉強は過酷なことがつきものですから、負けないようにするしかないのです。
ページのトップへ戻る