習うより慣れましょう

TOEICでは慣れることが大事です。
慣れることができなければ緊張をしてしまうので思う存分自分の力を発揮して挑めないことが多いのです。
スコアアップをする基本として一回限りでTOEICの受験を辞めてしまうのは難しいでしょう。
何度でも挑戦をして臨場感を味わいながらTOEICのスコアアップを目指していかなければならないのです。
特に慣れなければいけないのは前回でも記述をしたとおり「先読み」をしなければ厳しい問題がいくつも出てきます。
解ければいいのでは無く、以下に素早く解くことができるかがTOEICでは鍵なのです。
なぜここまで「先読み」が重要なのかは最後のセクションの長文読解のパート7に影響が出てくるからです。
パート7は非常に読まなければいけない問題が多く、また答えを導き出すのにも相当な時間が掛かると言われており、英語ができる人間でも問題を完璧に答えることは難しい問題です。
つまりここでかなりの時間をロスしてしまうことになるのですが、その時間をどうすれば稼げれるようになるかを考えた時に最初のパートの問題を素早く解答すること他方法が無いのです。
しかし一回すればすぐにできるようになる技でもありません。
何度も何度も会場に足を運んでスコアアップをするために練習をしていかなければならないのです。
お金は余計にかかるかも知れませんがどんどん上達をすることができるようになることは確かです。
上手くなるためにも何かしらの代償は払わなければならないでしょう。
そして楽をして覚えることはできないことを肝に銘じておきましょう。
慣れることができれば自然とスコアアップをしていることが体感できるようになります。
個人差はもちろんありますが、必ずできるようになるので、途中でくじけずに続けていきましょう。
途中で諦めてしまうことのほうがとても勿体無いからです。
そして自分を信じてあげましょう。
ページのトップへ戻る